アナカリス

難易度の最も低いと言える水草で、金魚藻と言われます。何もしなくてもどんどん増えていきます。冬場のヒーターも不要でメダカや金魚の飼育にも適しています。CO2は不要で肥料も特に不要です。

マツモ

こちらもアナカリスと同様に丈夫で初心者向けの水草です。水温も気にする必要はなく、無論、CO2は不要で肥料も不要です。爆発的に増えた時は、頭の部分を残し、茎側を切って捨ててしまうだけです。

ミクロソリウム

水生シダの仲間で、環境への適応能力が高く、光や水温、水質に幅広く対応出来ます。そのため初心者でも扱える水草です。ミクロソリウムには何種類かの改良品種がありますが初心者は安価なものを購入するのが良いでしょう。専用の糸などで縛っておくと流木などに活着します。但し、成長が遅くコケが着きやすいのでエビを入れる事を推奨します。


ハイグロフィラ

こちらも、環境への適応能力が高く、光や水温、水質に幅広く対応出来ます。そのため初心者でも扱える水草です。有茎型水草なので、伸びすぎたら茎を切り、植え戻す事で増殖させることが出来ます。そのため最初に多く植えないのがポイントです。

スクリューバリスネリア

何と琵琶湖が原産の水草です。一般的に国産の水草は難しいものが多いのですが、これは育成が容易な初心者用水草です。CO2や強い光を必要としません。和名はネジレモと言いねじれているのが特徴です。

アマゾンソード

チャーム本店 定番の入門種です。ショップに行き店員さんに相談するとまず薦められるものです。明るい緑の葉を持ち、やや大きめな種類ですので、後景に植えます。テトラやエンゼルフィッシュなどの熱帯魚にマッチします。
しかし、極度に難易度が低いという訳ではなく、照明は60cm水槽で40W、CO2、肥料共に与えた方が良く、高水温、低水温共に不可です。アマゾンソードのようなロゼット型水草は購入時は、水上葉という形態で、やがて水中葉になりますので、水上葉は切らなければなりません。当初より水中葉で売られている事もありますので、もし水中葉があればこちらを購入することをお奨めします。

エキノドル・ステネルス

前景に植える定番種です。これも極度に難易度が低いという訳ではなく、照明は60cm水槽で40W、CO2、肥料共に与えた方が良く、高水温、低水温共に不可です。 しかし、うまく行くとランナーと言う横から子株が伸びていき爆発的に増える場合があります。そのような場合必ずしも底に根を張らず、水中に伸びてしまう事がありますので、カットして砂に植えてあげます。

ピグミーチェーンサジタリア

ピグミーチェーンサジタリアはエキノドル・ステネルス同様に前景用の定番種で、難易度も同様です。異なるのは成長が遅い事です。成長の遅い水草はコケに注意が必要で、エビの投入が必須となります。


Copyright ©2013- nettaigyo.biz All Rights Reserved.
運営者:ホームページ制作-埼玉県川越市(有)楽夢